南城市観光ガイド・アマミキヨ浪漫の会

アマミキヨ浪漫の会とは

南城市ガイド・アマミキヨ浪漫の会は平成24年に創設され、ガイド養成講座を受講したのち筆記と面接の卒業試験に合格した市民らで構成されています。現在のメンバーは約80人です。

会の名称となっている「アマミキヨ」とは、琉球の創世神話に出てくる神様の名前で、東の海のかなたにある理想郷ニライカナイから海を渡ってやってきたといわれます。

南城市内には、このアマミキヨ神が造ったとされる7御嶽のうち4つが集中し、その1つの斎場御嶽(せーふぁ・うたき)は世界遺産に登録されています。また、約5キロ沖には五穀発祥の地とされる久高島があるほか、アマミキヨ神が本島に上陸の一歩をしるしたといわれるヤハラヅカサ、しばらく体を休めたという浜川御嶽など、創世神話に彩られた史跡が数多くあります。

会員は、観光客のみなさんにこうした歴史や文化、自然などをお伝えし、「南城市にきてよかった」と思われるガイドをするため、おもてなしの心を第一に活動しています。

ガイドの活動内容

斎場御嶽で案内した子供たち

琉球の国造り神話に彩られた南城市には、多くの史跡が散在しています。その中でも最も有名なのが、アマミキヨが造った7御嶽の1つで、世界遺産に登録されている斎場御嶽です。会では平日は3人、土日祝祭日は7人のガイドらを配置し、御嶽内の案内や清掃、管理を行っています。

斎場御嶽では子供たちを案内し、郷土の歴史、文化を伝える仕事にも取り組んでいます♪

久高島最高の聖地・クボー御嶽でのガイド

琉球王朝時代、国王らが1年おきに参拝に訪れた神の島・久高島でも専門の島人ガイドが待機して、五穀の入った壺が流れ着いたとされるイシキ浜や、入域が厳しく制限されていクボー御嶽などを案内します。

久高島には神が初めてやってきたという伝説に基づく拝所が多く、一か所ずつ回りながら祈りを体験してもらうこともあります♪

夏至の日の玉城グスクの白門には昇る朝日が外側から差し込む

琉球国王らが創世神ゆかりの地を巡った行幸にちなんで拝所を巡礼することを東御廻り(あがりうまーい)といいますが、首里城から玉城グスクまでの14か所の拝所をご希望に応じて案内します。

東御廻りの聖地となっている受水走水では、近くのご神田に今も稲が植えられています。また玉城グスク跡の城門には昔と変わることなく夏至の太陽が差し込み、荘厳な雰囲気が漂います♪

垣花樋川では枯れることのない清水が湧き続けている

琉球王朝ができる15世紀以前に築かれた知念城跡や糸数城跡、島尻大里城跡などのグスク跡や垣花樋川、仲村渠樋川、竹細工の里として知られる小谷地区などの名所旧跡もご要望次第で案内します。

垣花樋川は日本の名水百選に選ばれた清らかな水で、地元の垣花地区ではいまでも飲用に使い、下流の田ではクレソン栽培が盛んです♪

  • 久高島の御殿庭に子供たちを案内
  • 糸数城址は高さ6メートルまで琉球石灰岩を積み上げ、遠く首里まで見渡せる
  • 南城市親慶原地区のウフガー(大川)には絶滅危惧種のシマチスジノリが残る

ガイドの予約・料金

斎場御嶽

斎場御嶽では、「事前予約制」をとっていますが、ガイドが空いていれば、その場でも案内できます。ただ、平日はガイドが足りなくなることもあるので、一週間ほど前までに予約された方が無難です。

一方、土曜、日曜、祝祭日には「定時制」との併用です。通常の事前予約もできますが、午前9時半からほぼ1時間おきの定時にお客様にガイドツアーを呼びかけて出発しています。

ガイド時間は50分程度。事前予約の場合は時間増減などの相談に応じています。

料金は予約ガイドでは、10人まで2,000円の定額。以降1人増すごとに100円プラスされます。定時ガイドは高校生以上、1人300円です。

斎場御嶽は岩と緑ばかりが目につき、ご自分たちだけで歩かれてもほとんど何もわからないといわれます。聖地を歩きながら琉球の歴史や文化、祈りについてのガイドの説明をお聞きください。

予約ガイド(毎日)
基本料金(10名まで) 2,000円
追加料金(1名当たり) 100円
所要時間 50分程度(相談に応じます)
受付時間 9:00 ~ 16:00

※ なるべく1週間ほど前までの予約をお願い致します。

定時ガイド(土・日・祝)
料金(高校生以上1名当たり) 300円
出発時間 1回目 09:30
2回目 10:30
3回目 11:30
4回目 12:30
5回目 13:30
6回目 14:00
7回目 14:30
8回目 15:30
9回目 16:00

久高島

久高島は基本的にはガイドが車で案内しますが、所要時間と人数によって料金が変わります。1人から4人までは1時間5,000円、2時間6,000円、3時間8,500円、4時間10,500円です。5人以上の場合や徒歩での案内は別途料金となります。詳しくは「久高島体験」のホームページでご確認くださり、直接ガイドにお申込みください。

詳しくはこちらから ⇒ 久高島体験HP

時間 料金(1名~4名) 料金(5名~7名)
1 5,000円 6,000円
2 6,000円 8,000円
3 8,500円 11,000円
4 10,500円 12,000円

その他史跡

その他の史跡として、5つの「南城しままーい」特選コースを用意しています。東御廻り(あがりまーい)と城跡コースは、お客様の車にガイドが乗ってご案内しますが、それ以外は徒歩です。お車のないお客様はレンタカーかタクシー利用になります。

ヤハラヅカサ

(1)東御廻り(あがりうまーい)コース  4時間

琉球を統一した尚巴志(しょうはし)にゆかりのある馬天御嶽から佐敷上グスク、知念城跡、稲作発祥伝説の残る受水走水、アマミキヨ神が上陸したというヤハラヅカサなどを経て玉城グスクに至ります。

糸数グスク

(2)城跡コース  3時間

市内は琉球王国統一前の群雄割拠時代に築かれた国指定史跡が多く、知念グスク、玉城グスク、糸数グスク、島添大里グスク、佐敷上グスクの5か所を回ります。

糸数グスク

(3)奥武島コース  2時間

遭難した中国人乗組員を救助したお礼に贈られた黄金の観音像ゆかりの奥武観音堂を出発、御嶽を回りながら海沿いの道を歩き、竜宮神に参拝。新鮮魚介を販売している「いまいゆ市場」もご案内します。

奥武観音堂

(3)奥武島コース  2時間

遭難した中国人乗組員を救助したお礼に贈られた黄金の観音像ゆかりの奥武観音堂を出発、御嶽を回りながら海沿いの道を歩き、竜宮神に参拝。新鮮魚介を販売している「いまいゆ市場」もご案内します。

百十踏揚の墓

(4)富里コース  2時間

尚泰久王の王女・百十踏揚(ももとふみあがり)の墓に詣でた後、正泉井、富里の石畳道を通り、尚泰久王や尚布里の墓を回って番所公園まで、第一尚氏ゆかりの地を巡ります。

垣花樋川

(5)樋川(ヒージャー)コース  2時間

琉球石灰岩の大地に降った雨が地中から流れ出すのが樋川。国指定文化財の仲村渠(なかんだかり)樋川をスタートし、クレソン畑を抜けて環境庁の名水百選に選ばれた垣花樋川でひと休み。カービラ(石畳坂)を登って垣花集落に入り、垣花城跡に向かいます。

料金は所要時間と人数によって変わります。10人までの基本料金が1時間は3,000円、2時間4,000円、3時間5,500円、4時間なら6,500円です。 また、ガイドとの待ち合わせ場所が南城市内の場合は1,000円、市外は2,000円の別途料金がかかります。

時間 基本料金 追加料金(1名当たり)
1 3,000円 100円
2 4,000円 200円
3 5,500円 300円
4 6,500円 400円
5 7,500円 500円
6 8,500円 500円
7 9,500円 500円
8 10,000円 500円
9 11,500円 500円
10 12,000円 500円

お問合せ

〒901-1511  南城市知念字久手堅270-1 斎場御嶽・緑の館内
電話・ファクス : 098-949-1899
Eメールアドレス : amamikiyonanjo@yahoo.co.jp

※ ガイドのお申込み、問い合わせは、午前9時から午後5時までにお電話かファックスでお願いします。メールの場合、返信に時間がかかる場合もございますので、お急ぎの際は電話などが確実です。

Language