百十踏揚の墓

百十踏揚の墓
  • 百十踏揚の墓
  • 百十踏揚の墓
  • 百十踏揚の墓
  • 百十踏揚の墓
  • 百十踏揚の墓
  • 百十踏揚の墓

時代に翻弄された尚泰久王の王女

尚泰久王の長女で勝連按司であった阿麻和利の妃だった百十踏揚(ももとふみあがり)の墓。阿麻和利が倒れた後、鬼大城といわれた越来城主の大城賢雄に嫁いだ百十踏揚は、尚円王によって大城賢雄が敗れてからは、玉城富里に住む弟の三津葉多武喜(みつばたぶき)のもとに身を寄せたといわれている。墓は西ヒチ森(いりーひちむい)の大岩に安置されていましたが、1962年頃に中学校校舎建設のために現在の陸上競技場東側にある仲栄眞腹門中(なけーまばらもんちゅう)のそばに三津葉多武喜とともに安置されている。

アクセス・ご連絡先

住所 沖縄県南城市玉城富里115

周辺のお店紹介

尚布里の墓
[ 文化財・史跡 ]尚布里の墓
王にならなかった王族のささやかな墓所
ヨガアムリタ〈非公開〉
[ 遊び・体験 ]ヨーガアムリタ
ビーチや自然の中でヨガを楽しむ
ヨガさびら〈非公開〉
[ 遊び・体験 ]ヨガさびら
琉球はじまりの聖地を望む、日の出朝ヨガ
久高島宿泊交流館
[ 泊まる ]久高島宿泊交流館
星空も堪能できる! 神の島にステイ
民宿 にしめ
[ 泊まる ]民宿 にしめ
久高島で最初の民宿
小やど SAWA〈非公開〉
[ 泊まる ]小やど SAWA
久高島の「小さな宿」で、ゆったりと過ごす

文化財・史跡・ランキング

特集コンテンツ


Language