佐敷ようどれ

佐敷ようどれ
  • 佐敷ようどれ
  • 佐敷ようどれ
  • 佐敷ようどれ
  • 佐敷ようどれ
  • 佐敷ようどれ
  • 佐敷ようどれ

尚巴志の父・尚思紹とその家族が眠る

佐敷按司であった尚巴志の父・尚思紹(1354-1421)とその家族が眠るとされる、佐敷ようどれ。「ようどれ」とは夕凪や静かな場所という意味があるという。本来はすぐ近くの断崖絶壁にあったが、風雨によって損壊したため、第二尚氏王朝だった1764年に現在の場所に移設された。さらに時代の変遷を経て、現在は「航空自衛隊・知念分屯基地」の基地内に存在している。基地入り口で手続きをすれば、見学・参拝も可能だが、事前申し込みをしたほうがスムーズである。

アクセス・ご連絡先

住所 沖縄県南城市佐敷佐敷1641
MAPCODE 232 589 055*63
電話番号 098-948-2813
アクセス 那覇空港から車で約50分

周辺のお店紹介

尚布里の墓
[ 文化財・史跡 ]尚布里の墓
王にならなかった王族のささやかな墓所
ヨガアムリタ〈非公開〉
[ 遊び・体験 ]ヨーガアムリタ
ビーチや自然の中でヨガを楽しむ
ヨガさびら〈非公開〉
[ 遊び・体験 ]ヨガさびら
琉球はじまりの聖地を望む、日の出朝ヨガ
久高島宿泊交流館
[ 泊まる ]久高島宿泊交流館
星空も堪能できる! 神の島にステイ
小やど SAWA〈非公開〉
[ 泊まる ]小やど SAWA
久高島の「小さな宿」で、ゆったりと過ごす
民宿 にしめ
[ 泊まる ]民宿 にしめ
久高島で最初の民宿

文化財・史跡・ランキング

特集コンテンツ


Language